引越しの時エアコンはどうなる?

引っ越しの時のエアコンの対処法と費用

カテゴリー: 未分類

エアコンの処分について

引越しをする時に、エアコンの取り外しを引越し業者に依頼することができます。ただし業者によっては扱っていないところもあるので、事前の確認が必要です。取り外したエアコンを引越し先でも使う場合は、取り付け工事もお願いできます。

エアコンが古くなっていて新居では新しく買いなおそうと思っている場合は、古いエアコンは取り外した後処分しなければいけません。今はエアコンを処分するにも費用がかかります。エアコンの取り外しや取り付け工事まで請け負っている引越し業者なら、処分もしてくれるところが多いので、この場合は取り外しと処分を依頼しておきます。処分をしてくれる引越し業者でも、エアコンのリサイクル費用は自分で負担しますので、別にリサイクル費用を支払います。

エアコンのリサイクル料に関してはそれほど高くはありませんが、見積もりの時に、エアコンの取り外しやリサイクルまで全て含めた料金を確認しておくのがおすすめです。処分までやってもらえるのはかなり便利です。新居で新しくエアコンを買い換える場合は、購入した店で取り付け工事をしてくれるので、こちらは別に依頼します。エアコンの取り外しや取り付けまでやってくれる引越し業者は、ネットで簡単に探せます。

エアコン工事の費用

引越し業者にエアコン取り外しや取り付けのオプションがあれば、引越しと同時進行でエアコンも対処してもらえます。ただしエアコンの取り外しや取り付けを依頼するにも、料金が発生します。引越しをするから無料でやってくれるということはまずありませんから、エアコンの取り外しや取り付けを依頼する場合は、どのくらい費用がかかるのかも確認しておきましょう。

費用については、引越し業者による違いがあるものの、電気屋や専門業者に依頼するよりも、安くなっているので意外とお得です。電気屋や専門業者は、取り外し工事と取り付け工事にそれぞれ費用がかかり、さらに出張費や工事費なども請求されることが多いです。専門家だから安心ですが、引越し費用とは別に料金が発生するので、意外とかかってしまいます。

引越し業者の場合は、専門業者に依頼する取り外し費用で、取り外しかた取り付けまでやってもらえるところが多いので、費用面では引越し業者にまとめて依頼した方がお得です。引越し先でも荷物を運び入れる時に、エアコンの取り付けもやってもらえるから二度手間にならないところはメリットです。オプションになりますが、エアコンのクリーニングをしてくれるところもあるので、ついでにエアコンのクリーニングもお願いしてみましょう。

引越しとエアコンについて

引越しをするためにアパートやマンションから退去する場合、自分の荷物はすべて撤去しなければいけません。荷物は引越し業者に運んでもらえますので、自分は手荷物や貴重品だけでもOKですが、退去する時は入居時と同じ状態にしておくことが大切です。例えば入居後エアコンを設置した場合、引越しをするにあたりエアコンも取り外して持っていくか、処分しなければいけません。

エアコンを取り付ける時は、購入した店で取付工事をしてもらえますが、取り外すにも専門的な知識が必要ですし、配線や室外機などもセットになっているから、素人では対処できません。新居でも同じエアコンを使う場合、下手に外そうとすると壊してしまう可能性もあります。こういう場合は取り付けをしてくれた店に連絡をして、取り外してもらうこともできますが、引越し業者によっては、エアコンの取り外しや、新居での取付工事まで請け負っているところがあります。

個別に依頼するよりも、引越し業者に依頼した方が何かと便利です。ただしエアコンの取り外しには少し時間がかかるので、引越しスケジュールに余裕がない場合は、エアコンだけ前もって電気屋などに依頼して外してもらった方がいいケースもあります。この場合しばらくエアコンが使えないので、エアコン必須の季節は見極めが難しくなります。電気屋に依頼するにしても、夏はエアコン工事が増えるので予約がとれない可能性があります。予約をする場合は、早めに余裕を持っておくと安心です。